ホームの中の事業の実績の中の助成先団体の事業の成果

助成先団体の事業の成果

2019年度助成先の「事業実施報告書」より

Wonder Art Production 東京都千代田区

事業内容 重度心身障がい児者の創造体験を通した生活の質の向上と機能活性・交流促進事業
助成金使途 材料費、遠征費、チラシ印刷費他
事業成果 長期入院の重度心身障がい児者を対象に、病院や自宅では実現できない創造活動の時間を届けることを目的に事業を行った。大きなキャンバスに皆で絵を描き、共同で作品を制作し、季節を感じる創作を行った。国立病院機構西多賀病院において、当初の予定を大幅に上回る重度心身障がい児者および家族が参加し、皆で一緒に集い、何かを作り上げていく喜びを共有すると共に、作品は施設内に展示して長く楽しんだ。

音の宅配便“そよかぜ” 滋賀県守山市

事業内容 宅老所や認知症カフェで“音楽セラピー”サロンコンサート
助成金使途 療育楽器、ヘッドセットマイク等購入費、音響機器賃借料他
事業成果 事前準備を経て、2019年12月以降、在宅高齢者や認知症の方へのサロンコンサートを彦根市、米原市、守山市にて3回実施することができた。コンサートでは、単に演奏を届けるのではなく、「リズムや歌に合わせてゲームで楽しく脳トレする」「パネルシアターで視覚的な刺激を与えながら、脳の活性化を図る」といった各楽曲の狙いや効果を明確にした。その結果、参加者の活き活きとした反応や笑顔、パフォーマンスを引き出すことができ、現場の職員の方からも「いつもと違う表情が見られた」など、嬉しい感想をたくさんいただくことができた。

NPO法人 飯倉・あったか支え隊 福岡県福岡市

事業内容 認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりに向けてキッズサポーター養成講座を開催
助成金使途 DVD製作費、寸劇出演者・講師謝礼他
事業成果 地域の小学生を対象に公民館にて、認知症の正しい理解と対応の仕方を2回に分けて学んでもらうこととした。1回目では、寸劇や映像を見ながらのゲーム等により、認知症がどのような病気なのか、認知症の方がどのようなことに困っているのかなどについて学んだ。まとめの段階では、子供たちは、認知症の方が困っている場面に遭遇した時、どのように接したらよいのかしっかり理解している様子であった。なお、2回目の声かけ体験講座は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となったが、講師監修の元、DVDを作成し参加者へ配布することとした。

特定非営利活動法人 地域創生支援事業団 静岡県浜松市

事業内容 若年性認知症の居場所つくり事業で行う竹炭焼きから完成品までの工程ごと作品の一時保管場所設置
助成金使途 物置の設置費
事業成果 若年性認知症の方が仕事として竹炭を焼き、それを利用して竹炭スティックパック、竹炭花瓶、竹炭液を製造し、浜松市役所の売店や市営フラワーパークで販売している。若年性認知症の方は世間に対して失望感、疎外感を持ち、他人とかかわることのない方がほとんどだが、この事業に参加し自分達の作品が評価され、売れる喜びを感じることで、頑な気持ちが和らいで、笑顔が見られるようになった。

関音訳の会 しおん 岐阜県関市

事業内容 視覚障がいの方に音訳する活動の機材購入
助成金使途 パソコン、マイクロフォン購入費
事業成果 今年度、新規会員が13名加入したことに伴いパソコンが不足していたが、購入後は各グループでの録音、編集作業がよりスムーズになった。また、必要に応じて貸し出すことも可能となり、視覚障がいの方からの長編のリクエスト本の録音にも応じやすくなった。定例会(勉強会)等でも大いに活用している。今後も視覚障がいの方のニーズにできる限り対応していけるよう努力したいと思う。

特定非営利活動法人 表郷ボランティアネットワーク 福島県白河市

事業内容 高齢者の居場所「くつろぎルーム」にトイレ・手洗い場を整備する事業
助成金使途 トイレの増設、水道工事・電気工事費他
事業成果 高齢者の居場所「くつろぎルーム」には仮設トイレしかなく、そこは狭く、手洗い場も遠いため、高齢者の皆さんは余程でないとトイレを使用しなかった。今回、増設したことで靴を履かずトイレに行けるようになり、安心してお茶も飲めるようになった。また、手洗いも十分できるので、衛生面でも環境を整えられた。先日、新年会の行事があり、皆さんで昼食をともにしながら楽しく過ごした。

助成事業・助成応募要項・申込書

前のページへもどる